大田区で行われた家族葬の葬儀に参列しました

温かい家族葬はおすすめできる

一般的な葬式の場合は、会社の関係者や近所の人などが訪れるため、喪主を含めて遺族は挨拶にまわったり、せわしない状態になってしまいますが、家族葬であれば顔見知りの人ばかりなので特別な挨拶も必要なく、アットホームな雰囲気になったと感じました。
そして会場のスタッフが、叔父さんの思い出の品を飾るスペースを用意してくれたので、そこで叔父さんの若い頃の写真や、定年退職をしてから趣味で作った陶芸品を見ることができました。
参列者同士で、写真や陶芸品を見ながら、また思い出話が弾みました。
叔父さんは90歳をこえていたこともあり、大往生だといわれていますが、やはり大事な人が亡くなるというのは年齢を問わず悲しいことです。
しかし家族葬にしたことによって、叔父さんとの思い出を共有することができ、今までの葬式よりも前向きな葬式になったと感じました。
そして家族葬は自由な雰囲気があるので、葬式は悲しくて暗いものだというイメージを払拭し、心の整理をつけたり、故人との最後の別れをゆっくり過ごす時間だと感じることができました。
叔父さんの葬儀に参列するまでは、自分の死後のことを考えたことはありませんでした。
しかし叔父さんが生前から派手な葬式ではなく、親しい人だけに囲まれて見送られたいと言っていたのを知り、自分の死後のことをも考えてみるきっかけになりました。
家族葬のイメージがとても良くなりましたし、派手にするよりも温かい葬式を好む人は増えると思うので、これからは家族葬を選ぶ人がさらに増えるのではないかと感じました。

親同然の叔父が亡くなって…短時間だと思い出話が多くできる温かい家族葬はおすすめできる

大田区 葬儀 | 【シティホール】